金欠になったついでに健康になってやろう

ちょっとした手違いとミスで急な金欠になってしまった。しかもその時住んでいたのが海外。
これはヤバいと思い急いで手持ちのお金と部屋にあった小銭まで集めて調べたところ手元にあったのは、
通常であれば1か月生活できるかどうかの金額でした。しかし次に給料が入るのは1か月半後。
これはギリギリ足りないかも。という訳で強制的に節約生活をすることになりました。
ただ暗い気持ちで1か月半を送るのが嫌だったので、この金欠を利用して健康になってやろうと思いました。
まずは毎日飲んでいたビールとウイスキーをやめることにしました。
実は痛風もちなのですが、薬を飲みながらだましだましお酒を飲んでいました。
この際、金欠という正当な理由の御旗のもと断酒を断行。否応なくやめることができました。
また痛風の原因ともなる肥満も気になっていたので、この際ダイエットもしてやろうと思い、
今までバスを使って移動していた3キロほどの距離を歩くようにしました。
ご飯に関しては、質素にしたくなかったのできちんと食べていましたが、
野菜、納豆、豆腐、海藻など安く手に入りかつヘルシーな材料で自炊。
また痛風のためでもあるのですが、水を大量に飲むようにしました。食事前に約1.5?。
これにより食事の量も通常より少なくなりました。バンクイック審査基準
結果1か月半後見た目もかなり変わり、体重も5キロほど落ちていました。
まあ85㎏が80㎏になっただけなので未だちょい肥満なのですが、
1か月半前に比べると体が軽い気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です