本当は素晴らしい?教育勅語の真実

連日放送される森友学園問題。
幼稚園での教育の「異様」さを強調するように、園児たちが教育勅語を暗誦する映像が何度も流されていたのが印象的です。
しかし、それを見て眉をひそめた方にはちょっと待って!と言わせてください。
教育勅語そのものが問題のあるものだとか、右翼思想を押しつけるものだという勘違いはしないでいただきたいのです。
私は大学時代教職課程をとっており、戦前~戦後の学校教育についての概論を学んだ際に教育勅語についても触れました。
私自身左翼教育傾向の強い地域で育ったので、それまでは無条件で教育勅語=子供たちに戦争賛美を植え付けるために使われた悪いもの、というイメージを持っていましたが、講義を受けてきちんと内容を理解すると目からウロコが何枚もはがれ落ちました。
教育勅語は、元々決して悪いものではないのです。
大まかにいえば日本という国を構成する一つ一つの家庭が礼節を守って円満に暮らすことによって国全体の平安につなげる目的で作られたもので、内容も「夫婦や兄弟姉妹は仲良くしましょう」「親を大事にしましょう」「人には親切にしましょう」「法律を遵守しましょう」というような、ごく常識的な道徳を説いているにすぎません。
たしかに「国の一大事には奉公せよ」「皇室が永遠に続くよう助けなさい」と読み取れる部分もあるので、そこに過剰反応するむきもあるかもしれません。
ですが、たとえば近年の東日本大震災や熊本地震の際に日本中が団結し、助け合った姿はまさに「国の一大事に奉公」と解釈できますし、世界で唯一の皇室制度を存続させることは日本の外交上必要不可欠なことですから、現代の感覚と照らし合わせてもそうおかしい記述ではないでしょう。
教育勅語も日の丸や君が代と同じく、昭和の一時期に戦争を正当化するために曲解して使われたせいで本当の意味を忘れられ、戦後に「悪者」と見なされるようになってしまった「被害者」なのです。
むしろ誰しも心に余裕がなく世の中が荒んでいる今こそ、改めて学校教育の中で教えても良いのではないかとさえ思います。
とはいえ、やはり度を超えたスパルタ教育の一環として大声で暗誦させるのは前時代的ですし、今風にたとえるならどこのブラック企業の研修の一場面ですか…というかんじでいただけませんが。
あくまでも教育勅語そのものに罪はなく、日本人の道徳規範の拠り所であり良心の源であると言うことを、もっと多くの人に知ってもらいたいものです。借金 一本化 おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です